スマホゲーム

【ブルアカ】期待の新作ゲーム、ブルーアーカイブをやってみた感想

nepia

WRITERnepia

ネピアです。 splatoon2、デュエプレをプレイ中です! RPGやカードゲーム系のゲームが好きなので、そのあたりのジャンルが多くなるかもしれません。

皆さんこんにちこんばんはー!nepiaですー

今回は、新作&注目スマホアプリ「ブルーアーカイブ」の紹介をしていきたいと思います。
私はこのゲームにすごく魅力を感じていますので今後も引き続きプレイ記事を書いていければと思っていますので、よろしくお願いいたします。

目次

  1. ブルーアーカイブとは?
  2. 魅力的だと感じるポイント
  3. まとめ

ブルーアーカイブとは?

ストーリーの大筋と世界観

ブルーアーカイブについての大筋を説明していきます。

2021年2月4日にリリースされたゲーム。Yostar&NATGAMESが送るスマートフォン向けRPGです。今作のテーマとして「学園×青春×物語」という3要素をもとに世界観やストーリーが展開されていきます。

作品の舞台は学園都市キヴォトスという数千の学園が集まる学園都市。プレイヤーはキヴォトスの特殊組織「シャーレ」の先生として配属されます。様々な学園に所属するキャラクター達と交流を深めながら学園都市が抱えている問題を解決していくというのが話の大筋です。

上記のメインストーリーパートに加え、各生徒が通っている学園や所属グループのことについて描かれるサブストーリーモード。過去に見た物語を振り返ることのできるアーカイブモードが用意されています。

ブルーアーカイブには多くのキャラクターやグループがありますし、今後もメンバーが追加されていくと思います。お気に入りのキャラクターを見つけて楽しむのもいいと思います。

かわいいデフォルメキャラが動く!戦闘パートは地形やスキルの発動タイミングで有利に進めよう

ブルーアーカイブには、キャラクター(生徒)の育成とバトルパート、シナリオパートがが用意されています。任務と呼ばれるバトルパートをクリアすることでメインのシナリオが解放されていくシステムです。またストーリー内にもバトルパートが存在することもあります。

バトルパートではデフォルメされ可愛らしい3Dモデルとなった生徒達が登場。戦場を自動で前に進みながら敵を倒していきます。バトル中プレイヤーは各キャラクターごとに用意されたスキルをコストを支払って任意のタイミングで発動する事ができます。攻撃スキルや、状態異常などのサポートスキル、回復スキルなど生徒ごとに使えるスキルや特徴が違っています。うまく使い分けて戦場の敵を時間内にすべて倒すとクリアとなります。

任務に出す生徒は自由に編成できます。

戦場に出て直接戦うストライカーが4人まで、戦場には出ませんがストライカーをサポートするスペシャルというサポートメンバーを2人までの合計6人編成して任務を行います。

また、生徒がスキルを使うときには全キャラクターにカットインが表示される演出があります。これはかっこいいですよね!

初期設定では1日のうち初回のみカットインが入る仕様になっていますが、カットインを毎回出したり、カットインをなしにと設定で変更することも可能です。

各キャラクターには、攻撃スタイルや地形や防御タイプなどによる有利不利の相性が決められている為、パーティー編成のはとても重要です。1度失敗したステージであってもスキルの発動タイミングを変えたり、他のキャラクターを入れてみたりすることで結果が大きく変わります。装備品などもステータスを向上させるアイテムですのでメインキャラには装備して強化していくのもよさそうです。

任務のクリアにはキャラクターのレベル上げも重要です。

このゲームでは、プレイヤーレベルまでしか生徒のレベルを上げることができません。生徒のレベルをもっと上げたい時には、クリアできるクエストや指名手配などの特殊クエストを周回してプレイヤーレベルを上げて臨みましょう。

周回というと少し億劫になりますが、このゲームの戦闘は倍速機能と完全オート機能に切り替えることができたり、プレイヤーの体力をまとめて消費して報酬と経験値を得ることも可能です。

レベリングも自分に合った方法でゆっくり進められそうなのもいいところですね。

魅力的だと感じるポイント

上記でメインの部分はお伝え出来たかと思います。

ここからは魅力的だと感じる要素について紹介していこうと思います。

各キャラクターと仲良くなれる

前述の通り、このゲームには多数の美少女キャラクターが登場します。もちろん今後新たに実装されていくと思います。自分のお気に入りのキャラを見つけることでこのゲームは格段に面白く愛おしいものになるでしょう。

他のゲームでもよくある仕様ですが、マイページにお気に入りのキャラクターを選択して出すことができるので、ログインするたびにお気に入りの子が出迎えてくれます。

各キャラクターとは親睦(絆)を深めることができ、仲良くなると個別にエピソードが発生します。

仲良くなる方法は2つあって、カフェで話しかける方法とスケジュールで過ごす方法の2つです。カフェというのは、自分で家具などを置いたりしてデコレーションできる部屋になります。自分が持っているかどうかに関わらずランダムにキャラクターが訪問します。訪問してきたキャラクターにタップして話しかけたりプレゼントを渡すことで絆ポイントが加算されます。

もう一つのスケジュールは、各学校などの施設内にある部屋に生徒たちが散らばって過ごしていますので、行動権を消費して好きな生徒がいる部屋をタップして親密度を上げる方法です。行ける場所の解放や行動回数などの制限はありますが、仲良くなりたいキャラと確実に仲良くなれるのがいいところです。

絆レベルが上昇すると、生徒からゲーム内のSNSでメッセージが届きます。

メッセージを開くことで絆イベントが発生しその子とだけの時間を過ごせます。中にはメモリアルロビーと言う特別仕様なイベントがありまして、イベント内で親密になるとマイページの画面でも別のイラストになって表示されます。もちろん元に戻すことも可能です。

これを見るために頑張れそうですし、モチベーションも上がりますよね

PvP要素もある

このゲームにはPvP要素もあります。自慢の編成でランキング戦を勝ち残り報酬を得ることでモチベーションのアップにもつながると思います。筆者はこの記事を記入している時点ではまだPvPを解放できていないので、今後記事として書いていこうと思います。

スタートダッシュ(リセマラ)しやすい

2021年2月11日時点では、このゲームをスタートするだけで結構な回数ガチャを引くことができるので、好きなキャラを引いて始めやすい環境です。チュートリアル中のガチャと合わせて50回近くガチャができるはずなので、レアキャラを集めて始めるのにうってつけなのもおすすめポイントです。

まとめ

今回はざっくりと、ブルーアーカイブの魅力を紹介していきましたがいかがだったでしょうか?

ゲームの雰囲気自体はプリンセスコネクトと似ているので、プリコネのシステムが好きな方はもちろん、初めての方でも魅力的なキャラが多いので始めやすいのではないかと思います。

キャラクター、ゲーム性、世界観すべてクオリティが高いと感じましたね。まだリリースされたばかりなのであまり他の人と差がつきにくいのもいい点だと思います。

もし気になった方いたらぜひ一度プレイしてみてください!

関連記事