ゲーム

【splatoon2】白と黒のコントラストがかっこいい!ケルビン525ベッチューを解説

nepia

WRITERnepia

ネピアです。 splatoon2、デュエプレをプレイ中です! RPGやカードゲーム系のゲームが好きなので、そのあたりのジャンルが多くなるかもしれません。

白と黒のケルビン
こんにちは。ネピアです! 当ブログで最初の私のスプラトゥーン記事です! 初回はやはりこれを語らずにはいられない。何を隠そう私が愛してやまないブキ。

ケルビン525ベッチュー

の魅力についてとことんご紹介していこうと思います。
書き記すのは少しばかり長くなってしまいそうなので、目次を用意しました。
はじめの部分は知ってるよという方は、目次から読みたい部分をクリックして目的の項目までショートカットしちゃって下さい!!

目次

  1. ブキの基本性能
  2. 使うときに意識したいこと
  3. おすすめのギアパワー
  4. ギア参考例
  5. まとめ

ブキの基本性能

まずは、このブキの性能について解説していきます。
基本的な内容になりますので、知っている方は飛ばして下さい。

メインの性能

まずはメインの性能から見ていきましょう。
ケルビンは、マニューバー系統のブキのため2回のスライドができます。
スライドの距離はマニューバー系統の中では2番めに長いですが、硬直時間がスプラマニューバーよりも少し長めになっています。
ケルビンの最大の特徴として、スライド後の攻撃力がアップすることが挙げられます。
他マニューバー系統は、集弾性や連射力は上がるものの、1発の攻撃力が上がるわけではありませんので、これがケルビン最大の特徴と言えます。

スライド後のケルビンの射程は、プライムシューターと同様の長さになるので、高い攻撃力と射程+スライドという特徴を活かして戦うブキになります。

サブ・スペシャルの性能

ケルビン525ベッチューのサブウェポンは「タンサンボム」です。
タンサンボムは、ボムを投げる姿勢のままジャンプ、移動、画面を揺らすなどの行為を行うことでタンサンの瓶を振ります。ボムは振り続けると3段階まで大きくなり、大きさに応じて複数回の爆発を起こす事ができます。


最大で3回の爆発ができ、味方インクの塗り拡げやガチエリアの確保、戦闘している味方のサポート等様々な場面で活用できます。

そしてスペシャルウェポンは「インクアーマー」です。
インクアーマーは、唯一味方全体に効果を及ぼすスペシャルです。
自身の近接戦闘の際の保険はもちろんのこと、味方全体を強化できるので、前線を上げたい時や戦局が拮抗している場合に使うことで、チームパワーを底上げすることができるため、使いやすいスペシャルになっています。
また、発動ボタンを押してしまえばすぐさま次の行動に移せる(マルチミサイルやハイパープレッサーなどのようなスペシャル使用で隙が発生しない)ので、スライドしたりはもちろんタンサンボム→インクアーマー→タンサンボムなどの2連タンサンボムといった行動を起こすこともできます。

使うときに意識したいこと

ブキの基本情報が分かったところで、続いて、使うときに意識しておくといいと感じた部分を書いていきます。
これはあくまで個人的な見解ですので、そこはご了承下さい。

インク管理に注意

ケルビンは、マニューバー系統の中でも特にインク効率が悪いです。タンサンボムやスライドを乱用していると、すぐにインク切れを起こしてしまい動けなくなったところを敵に狙われてしまいます。
スライドがあるからと言ってむやみに敵インクのど真ん中で勝負を仕掛けたりすることはもちろん、タンサンボムを投げてからの攻撃などの際は、インク状態を常に確認しておくことが重要です。
こまめなインク回復を心がけましょう。

高台の敵も狙えることを意識

メインの説明のときにも書いたとおり、ケルビンのスライド後の射程はプライムシューターと同様のものになります。そのため、ある程度高い位置にいる相手に対してメイン攻撃で対応できることがしばしばあります。ショッツル鉱山やガンガゼ野外音楽堂の敵高台のようなスピナーやチャージャーが位置取りたいところ等に対し下から奇襲をかけられます。
単射程ブキでは手が出せないところの敵など、警戒しておくといいでしょう。

タンサンボムの即投げも活用

複数回の爆発が魅力のタンサンボムですが、全く振らずに投げても、直撃で50ものダメージを与える事ができます。ケルビンのメイン射撃と合わせて倒せるほどの火力がありますので、内漏らした敵の追い打ちに使用したり、戦っている味方のところにぽいっと投げてあげるとキルを取れたりすることもあります。また、カーリングボムのように道を作ることもできるので、多用はできませんがそれぞれの場面に応じて臨機応変に活用できます。

おすすめのギアパワー

ここではおすすめのギアパワーを紹介していきます。
それぞれ理由も合わせて記載しますので少しでも参考になれば嬉しいです。

カムバック

これは近接系ブキなら持っておいて損はないギアですよね。
敵に倒されて復活したあとの20秒間、
・インク回復力
・メインインク性能
・サブインク性能
・イカダッシュ速度
・人移動速度
・スペシャル増加量
の6つの効果が、メインギアパワー1個分追加されるというものです。
これにより、スペシャルが溜まりやすくなることに加え、戦線復帰もイカ速が早くなっているので前線に戻りやすくなっているため打開がしやすいです。
味方が揃っているときにインクアーマーを発動し、不利な状況を全員で塗り返してしまいましょう!

復活時間短縮

ケルビン種は、基本的に前に出てキルをする立ち回りが多くなります。
前に出るということは、複数の近接武器に囲まれたり、チャージャーを始めとする後衛ブキの射程圏内に入ることにもなるため、デスしてしまう可能性が高まりますし、実際デス数も増えます。
相手を1人も倒せないまま連続でデスしてしまってもすぐに復活できるようにし、前線を張り続ける事ができますのでおすすめです。

メインインク効率アップ

ケルビンはメイン射撃とスライドで、他の武器種よりもメインインクを消費するきかいが多いです。 こまめに回復できていればいいのですが、連続して敵と戦って回復する暇がない場面などでは、結構インク切れを起こしてしまいます。
「あと1発当てれば倒せたのに」という場面も今まで何回も経験しました。。。
そんな時にメインインク効率アップをつけていれば、継戦能力が向上するため、敵を倒せる機会が増えます。
また、使い始めたばかりで使い方を覚えたいという方にもオススメです。

サブインク効率アップ

タンサンボムとメインを両立して使いたいという方におすすめです。
メインギアパワー2個とサブギアパワー2個分で、連続して2回タンサンボムを投げられるようになります。遠くの味方をこまめにサポートできるようになる他、ガチエリアの確保にも強くなりますので、中衛あたりの位置にいながら落ち着いてじっくり戦いたい方はこちらもアリだと思います。

爆風ダメージ軽減・改

爆風ダメージ軽減・改はサブギアパワー1個分だけでいいのですが、ぜひ入れておきたいギアパワーです。爆風ダメージ軽減・改は相手のサブ、スペシャルによる爆風ダメージを軽減してくれるものです。0.1だけでもあれば、ジェットパックの爆風ダメージを49.9に下げることができるので、直撃を取られない限り3回当たるまでは生存できるようになります。
が、それだけではありません。爆風ダメージ軽減は味方のインクアーマー発動中にも効果があります。インクアーマーは通常30ダメージで剥がれてしまいます。なのでスプラッシュボムなどの爆風を受けてしまうとすぐにインクアーマーの効果が切れてしまっていたのですが、これによりスプラッシュボムの爆風一回でも剥がされなくなるので、インクアーマーの効果を持続させやすくなります。
自分が爆風ダメージ軽減を持っているからといって味方についたインクアーマーには効果がないので注意です。(味方が爆風ダメージ軽減をつけていた場合には同様の効果があります。)

ステルスジャンプ

これはケルビンに限らず前線ブキにはぜひほしいギアですよね。
デスしたあとのスーパージャンプによる復帰をより安全に行うことができるようになるのでオススメです。

ギア参考例

ここでは実際に僕が使用しているケルビンベッチューのギアを紹介していこうと思います。
ギアを悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

前線よくばりセット

まずはこれです。 カムバック、復活時間短縮、ステルスジャンプをメインに、イカ速0.2、ジャン短0.2、安全靴とスペ減、爆風軽減を各0.1ずつ採用しています。
近接武器にとって欲しいものが全て詰まってます。カムバックとスペ減で打開にスペシャルを合わせやすく、スパジャン短縮とステルスジャンプで前線にも復帰しやすいです。
また、インクアーマーと相性のいい爆風軽減と疑似確ブキの竹対策に安全靴を保険程度に入れています。
メインインク効率がないので、インク管理に慣れるまでは復活時間短縮をメインインク効率に差し替えてもいいと思います。

ガンガン進めゾンビセット

これはさっきのギアからカムバックを復活時間短縮に変えたものです。
打開用のスペシャルは使いにくくなるものの、連続デスした時の復帰が早くなるので、ガチホコやガチヤグラ等のオブジェクトに積極的に関わる機会が多いルールではデスの負担が軽くなるので試行回数が増えます。そのため苦手なルールやよくデスしてしまうルール等がある人は、この装備をつけていけば、デスしても積極的にルールに関わっていけるので、それぞれのルールでの勝ち方をつかみやすくできると思います。

ナワバリ用ラストスパートセット

ナワバリバトルでも使いたいという方向けに、ラストスパートを採用した型のご紹介です。
ラストスパートが発動するラスト30秒間でメイン・サブのインク効率が2ずつ上昇します。ラストスパート+サブインク0.2を持っておくことで、ラスト30秒でタンサンボムを連続2回投げることができるようになります。
最後の30秒が大事なルールなので、タンサンボムな強力な塗りを発揮できる構成になっています。 タンサン×2→インクアーマー→タンサン×2で合計4回ラストの場面で敵地にタンサンボムを投げ込めばかなりの塗りを残すことができるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか? 最後にケルビンベッチューの魅力をまとめて終わりにしたいと思います。
  • 中射程&高火力+スライドを活かした対面力の高さ
  • 高い位置の相手にも攻撃できる
  • タンサンボムが便利(ただし投げすぎは隙が多くなってしまうので注意)
  • 配色がかっこいい
以上です!説明下手なところもあったと思いますが、使い始めた方はもちろん、この記事を読んで使ってみたいと興味を持ってくれる方が少しでも増えれば嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

タグ一覧

関連記事